1. >
  2. AMスクリーンとFMスクリーンの違いについて

AMスクリーンとFMスクリーンの違いについて

オフセットフルカラー印刷での特徴


規則正しく並んだ点(網点)の大きさを変えて階調を表現する一般的な印刷方式で、出力線数が高いほど細かな表現が可能になります。
標準的なカラー印刷は175線ですが、当社ではより精細な200線で印刷を行なっています。
インクが紙にのりやすい特性があり、凹凸のある紙や透明素材等への印刷にはこちらが適しています。



ランダムに配置された小さな点の密度で階調を表現し、AMスクリーンの出力線数:700線に相当する高精細印刷です。
AMスクリーンと違って網点同士の重なりがないので、色のかけ合わせよるモアレや、ロゼッタパターンと呼ばれる甲羅のような模様が見える現象が起こらず、各色のにごりが取れることによって発色が良く見えます。
画質がシャープになるのも特性の一つで、細部における再現性の向上やグラデーションの表現がなめらかになります。



オフセットモノクロ印刷での特徴


規則正しく並んだ網点(丸い点)の大きさによって濃淡を表現します。
グラデーションなどを使用していないグレーベタの再現、メリハリのある絵柄や線画の印刷をするのに適しています。



AMスクリーンの網点が規則的に並んでいるのに対して、FMスクリーンは十数ミクロンの肉眼では判断できない細かな点の密度によって濃淡を表現します。
細かな文字や線、緩やかなグラデーション、低濃度・高濃度域の再現等に適しています。
また、アンチエイリアスのかかったトーンや、K100%ではないグレートーンによるモアレを軽減することが可能です。
※詳しくは下記項目をご参照ください


FMスクリーンによるモアレの軽減について

FMスクリーン印刷では細密な点の集合で階調を表現するので、アンチエイリアスが原因で発生するトーンのモアレを軽減できる場合があります。
トーンの形状が均等でかつ、間隔が空いていればアンチエイリアスがかかっているトーンであってもモアレを軽減できます。
ただし、アンチエイリアスがかかっていない状態の「元々のトーン形状」が不均等であったり、重ねて貼られたトーン等はFMスクリーンでも軽減することは出来ません。