1. >
  2. >
  3. 原稿の基礎

原稿作成方法:原稿の基礎





原稿サイズ一覧

同人誌として作られる事が多い本のサイズは「A5サイズ」と「B5サイズ」ですが、その他にもカタログや画集でよく使われる「A4サイズ」や、青年誌の単行本やコンビニのコミックでよく使われる「B6サイズ」、小説などでよく使われる「新書サイズ」や「文庫(A6)サイズ」などがあります。
それぞれのサイズを、目的や好みに合わせて使い分けていきましょう。

■紙の規格サイズ

■本の規格サイズ

規格サイズ 横幅 × 縦幅 (単位:mm) 主な使用用途
文庫(A6) 105 × 148 小説
新書※1 110 × 173 小説
B6 128 × 182 小説・漫画
A5 148 × 210 小説・漫画
B5 182 × 257 漫画・画集・パンフレット
A4 210 × 297 漫画・画集・パンフレット

 ※1:当社独自のサイズとなります

■データのピクセル寸法

規格寸法+塗り足し(各5mm) 350dpi(ピクセル) 600dpi(ピクセル)
A5サイズ 158×220mm 2177×3031 3732×5197
B5サイズ 192×267mm 2646×3679 4535×6307

■当社グッズの規格サイズ(一部抜粋)

規格サイズ 横幅 × 縦幅 (単位:mm)
ポストカード 100 × 148
クロス巻きメモ帳 80 × 120
クロス巻きメモ帳ビッグ 120 × 170
リング綴じメモ帳 91 × 148
フルカラーしおり 50 × 140
スティックポスター 182 × 515
お風呂ポスター 182 × 515


綴じ方向とは

本を綴じる方向(背表紙が来る方向)の事です。
通常、縦書きの本は右綴じ(表紙を上にした時に背が右側に来る)
   横書きの本は左綴じ(表紙を上にした時に背が左側に来る)になります。

綴じ方向



表紙について

表紙とは、本文を結合する一番外側の本の顔とも言える部分を指します。
表側を「表1(表表紙)」、綴じ側(側面)を「背(背表紙)」、裏側を「表4(裏表紙)」と言い、表紙を作成する際には、「表1+背+表4」が必要となります。
※中綴じ本の場合は「表1+表4」

背幅は本文のページ数や使用する用紙によって変わるので、特に背に文字や色を付ける場合には予めページ数と本文用紙を決めてから表紙を作成しましょう。

また、表1をめくった際の裏側を「表2」、表4をめくった際の裏側を「表3」と言います。
表2・表3は通常、印刷されませんが、「裏刷り※要オプション」という形で印刷する事も可能です。

■表1・表4を1枚の原稿で作成する場合

表紙1枚

上記の図は、右綴じ本の場合です。
※左綴じ本の場合は「表1」と「表4」が逆になります。


■表1・表4の原稿を別々に作成する場合

表紙別

上記の図は、右綴じ本の場合です。
※左綴じ本の場合は「表4」の背が付く位置が逆になります。



背幅の計算方法 & 自動計算表

背表紙は本文のページ数や使用する用紙によって変わるので、表紙を作成する際にはあらかじめ背幅を計算してから作成しましょう。
また、完成した本の背の厚みはどの用紙であっても製本時の糊の量や、遊び紙、口絵等の影響で多少前後する場合があります。

背表紙を作成する際には、厚みが多少前後しても問題のないデザインをオススメいたします。

■背幅を算出する計算式と用紙別の紙の厚み

背幅の計算方法

 ※1:ルンバナチュラルは背幅=(総ページ数(表紙込)-4)× 0.05 × 1.1 + 0.5 となります。
 ※2:ルンバ(色つき)は背幅=(総ページ数(表紙込)-4)× 0.05 × 1.3 + 0.5 となります。
 ※3:モンテシオンは背幅=(総ページ数(表紙込)-4)× 0.05 × 1.4 + 0.5 となります。

■背幅の自動計算
 表紙込みの総ページ数と本文用紙を選択すると、作成時の目安となる背幅が表示されます。
 表紙の作成前に、下記の自動計算表を是非ご活用ください。

【 背幅自動計算表 】
表紙込み総ページ数 使用したい本文用紙 背幅
× =約 mm

<注意事項>
算出される背幅は、製本時の糊の量・遊び紙・口絵等によって多少前後する場合があります。



本文について

本文とは本の中身を指しますが、作られる本のページ数に応じて必要なページ数を作成してください。
表紙込み総ページ数が20Pの場合、表紙が4ページ分含まれるので本文は「16ページ」となります。本文ページ数をお間違えのないようにご注意ください。

全ページ、本の規格寸法に天地左右にそれぞれ3~5mmずつの塗り足しが必要です。

本文について

データ原稿の場合、サイズは必ず作成する本と同じサイズで作成してください。
B5サイズで作成したデータをA5サイズに縮小するなど、データ完成後に拡大縮小を行うと、モアレや細い線のかすれなど、意図しない仕上がりになる可能性があります。

紙原稿の場合、投稿用または同人誌用の原稿用紙を使用して原稿を作成してください。



ノンブルについて

「ノンブル」とは、本・冊子のページ数を表す通し番号のことをいいます。
ノンブルがない状態では作業時にページ順序があっているか等の確認を行うことが出来ない為、本文には必ずノンブルを本の仕上り範囲内に入れてください。
仕上がりよりも外側や原稿用紙の枠外、裏面などに書かれていてもノンブルがない状態と変わりませんのでご注意ください。
ノンブルのないページが本文ページの1/3以上あった場合、もしくは2P単位で連続して入っていない場合は、1Pにつき50円(税別)のノンブル追加作業料金が加算されますのでご了承ください

ノンブル位置

■ノンブルの最適な場所

ノンブル範囲

■隠しノンブルの位置
デザイン上どうしてもノンブルを出したくない場合は、隠しノンブルがオススメです。
隠しノンブルは主に綴じ側の仕上がり線近くに配置するノンブルのことで、製本した際に数字が綴じしろに隠れて、目立たなくなります。※無線綴じの場合
中綴じ本・ペラ・ステッチ本は綴じしろがないため、このようにお入れいただいても完全な隠しノンブルにはなりませんが、綴じ側の天地どちらかギリギリの位置なら目立ちにくくなります。
 ※塗りたし部分や、トンボ外の余白に入れられているノンブルは無効です。

隠しノンブル

■注意事項

  • 本文ページ数をお間違えのないようにご注意ください
    ※弊社の製本物のページ数表記は、表紙4ページ分込みです
  • データのファイル名に付けるページ番号とノンブルの数字は同じにしてください。
    例:ファイル名「日の出通信03.psd」= データ内のノンブル「 3 」
  • カラー口絵や遊び紙は製本物の総ページ数に含まれません
    ただし口絵が両面印刷の場合や複数枚ある場合は、差し込み位置を判別するためにモノクロ本文のページと連番になるようにノンブルを入れてください


トンボと仕上がり・見開き

■トンボについて
トンボは印刷物を作る時の目安になるもので、これを基準にして印刷>製本>断裁を行います。トンボがなかったり間違ったトンボが付いている場合、作業に支障をきたす可能性がありますのでご注意ください。

■仕上がりについて
どうしても作業工程上、若干のズレが生じるため、仕上がり線付近にセリフやノンブルがあると切れてしまう可能性があります。
切れては困る文字や絵柄は仕上がり線より3mm以上内側に配置するようにしてください。
また、仕上がり線にかかる絵柄が、断裁位置ちょうどで終わっていると印刷等のズレによって意図しない白い部分(紙の色)が出てしまう可能性があります。
仕上がり線にかかる絵柄は、必ず塗り足し込みのサイズまでお描きください。

仕上りについて

■原稿用紙・テンプレートの使い方 ↓クリックで拡大

原稿用紙解説

■綴じしろと見開きについて
無線綴じ本の場合、製本された本の綴じ側は綴じしろに食い込み見えにくくなります。
重要なセリフや文字等は仕上りから10mm(小説の場合は15mm)以上内側に配置してください。※ページ数によって必要な幅が異なります。(ページ数が多い程、食い込む幅が大きくなります)

中とじ本・ペラ・ステッチ本は綴じしろがないため、綴じ側が見えにくくなることはありません。

見開きで絵柄を配置する場合はコチラを参照してください。