サンライズトップ > オプション > 本文紙替え・色替え > 用紙の詳細

コミックルンバ


純パルプ100%で柔らかくしなやか、にごりのないパステル色の美しさが 特長です。 表裏差を極力なくし裏透けしにくいため、ベタ面の多いマンガ原稿の本文に 最適なコミック用紙です。 王子製紙製。


1996年1月より発売開始し、20周年を迎えたオリジナルコミック用紙。 当時に緑陽社(東京)、ホープ21(大阪)、彩美印刷(愛知(廃業))と 4社合同で「ソフトでパステル」なコミック紙を開発し、各社で販売を 行ないました。


当時に同人誌を専門で扱う印刷会社4社が集まってそれぞれの要望を出し合い、 何度も打ち合わせと試作を重ね、やっと皆が納得のいく紙が出来上がりました。
印刷会社からの主な要望は「柔らかい」「色が濃すぎず薄すぎず」「インキののりがよい」「裏透けしない」「紙粉が出にくい」「嵩高である」「表裏差がない」など。 市販品では得られない、美しい本にするための最適な紙質を追求しました。 もちろんコスト高にならないように重々お願いして、王子製紙の最高の設備と技術力で作り上げたものです。


スタート時のカラーラインナップはホワイト、クリーム、ピンク、ブルーの 4色でしたが、すぐにオレンジ、パープルも追加発売。 追加の2色を販売終了してから中質紙の風合いの「ナチュラル」をリリース。 「ナチュラル」は他の色と比べ、より軽い紙で女性サークルに人気となり定着。 現在はこの計5種の取扱いとなっています。





モンテルキア


モンテシオンの姉妹品として登場した「モンテルキア」はトップクラスの白さを誇る嵩高ラフマット紙です。 白色度92%のすっきりとした白さで若干の表面塗工を施しており、可読性や印刷適性に優れた効果を発揮! 又やわらかでありながら通常A2マットコートの約1.5倍の厚みがあり、ページ物に適しています。上質紙ベースで退色の心配もありません。



モンテシオン


「モンテシオン」は、最高クラスの嵩高を誇る多機能ペーパーです。 その紙質はたっぷりとした紙厚(通常A2マットコートの約2倍)ながら柔らかでナチュラル色。 若干の表面塗工を施してあり、高い印刷再現を実現します。


*これらは「東日本大震災復興支援商品」として日本製紙 石巻工場で開発・生産されている印刷用紙です。 サンライズではどちらも69kg(4/6連量)を紙替えメニューに採用しています。