⑧同人誌に加工を加えたらどうなるの?注目されやすいコツって

イベントや同人誌専門書店に行くと、目を奪われるような表紙がたくさんありますよね。
表紙だけでついつい買いたくなるような作品も中にはあるから、長い時間滞在してしまう人は自分だけではないはず!!
そういえば、表紙のデザインに関するコツとかあるのかな?
今回、質問くんはたくさんの同人誌を見てきた回答ちゃんに、目を奪われるような表紙の作り方のコツを聞く事にしました!
このシリーズは同人誌を作りたい「質問くん」が色んな疑問点を、同人誌印刷所のサンライズで働く「回答ちゃん」に答えてもらう事で、同人誌に関する知識を一緒に学んでいくコーナーです!

第8回 目を引く表紙の作り方のコツを聞いてみた!!

質問くん
イベントとかで、一般参加者の目を引くような表紙の共通点ってあるのかな?
回答ちゃん
共通点!?
難しい質問だけど、要素のひとつとして蛍光色を加えると目立ちやすいんじゃないかな。
雑誌やコミックスなどを想像してもらうとわかりやすいと思うけど、文字を蛍光色にするだけでもインパクトがある表紙になっているよね。
質問くん
確かにそうだね!
蛍光色があれば、全体的に明るい表紙になるような気がするよ。
回答ちゃん
蛍光色を加えることもだけど、表紙のデザインを考える際は色で遊んでみてほしいな。
質問くん
『色で遊ぶ』とは具体的に、どのようなこと?
回答ちゃん
配色や組み合わせのことだね。
作品の内容に合わせてメインとなる色を決める事が多いと思うけど、意外な色と組み合わせることでも、メインの色が引き立つ場合があるの。
蛍光色を使うのはその良い例ね♪
メインの色が黒く、蛍光色がタイトル文字にあれば見た人に強い印象を残せる表紙になるんじゃないかな?
質問くん
なるほどね。
ちなみに、サンライズが得意な『箔』を効果的に使う方法などあれば教えてもらえないかな?
回答ちゃん
箔の種類によって使い方も変わってくるけど、最近見たお客様の作品で白色や黒色の箔をオシャレに使っているものがあったわ。
質問くん
白黒!?
せっかくの箔押しなのに、なんで白黒の箔なの?
回答ちゃん
『白』・『黒』と一口に言っても、その幅は広いのよ!
黒い表紙のタイトルに黒色の箔を使うと、印刷と箔押しの黒さの違いが出て、ついつい見てしまうような表紙になるわよ。
『白』も同じで、白い紙であっても白い箔とは明るさや色のイメージが大きく異なるの!
色だけでなく、箔との組み合わせを試していただき、少しでも多くの人に驚きを与えるような表紙にしていただけたら嬉しいわ♪

 

質問くんは回答ちゃんに、目を奪われるような表紙の作り方のコツを教えてもらいました。
思わぬ組み合わせがあなたの同人誌を充実させてくれるかもしれません。
質問くん
蛍光色や色の組み合わせ・箔等、加工の組み合わせって無限にあるんだな〜。
色んな加工を使うためにも、表紙のデザインを決める時間もしっかり設けないと!
次回もお楽しみに♪

 

サンライズのオプションメニューはコチラ