⑯同人誌に加工をする意味って?サンライズの思いを教えて

好きな作家さんが新刊を出したとの情報が入り、某書店さんへ。
回答ちゃんから加工について色々と教えてもらったおかげか、同人誌の見方が少し変わった気がするなぁ。
特に、変わった加工が施されている同人誌には、自然と目が向いてしまう。
色々な作品の表紙を見ていると、あることが気になった。
「どうして同人誌の加工をするんだろう?」
前にも教えてもらったけど、全ての作品に加工が施されるわけではない。
むしろ色んな加工をしてある同人誌の方が少ないと感じるほど。
今回、質問くんは回答ちゃんに、何故、作家さんは同人誌に加工をするのかを改めて聞く事にしました!
このシリーズは同人誌を作りたい「質問くん」が色んな疑問点を、同人誌印刷所のサンライズで働く「回答ちゃん」に答えてもらう事で、同人誌に関する知識を一緒に学んでいくコーナーです!

第16回 加工を施す理由について改めて聞いてみた!!

質問くん
作家さんが同人誌に色んな加工を施すことに、理由とかあるのかな?
回答ちゃん
加工の種類にもよるし、いろんな理由はそれぞれにあると思うけど、ひとつにはデザイン面での美しさへのこだわりなんじゃないかな!
他には個性の表現や、近隣の類似した作品との差別化だと思うよ。
質問くん
近隣との差別化って?
回答ちゃん
質問くんはコミケ(コミックマーケット)とか、イベントに行ったことはある?
質問くん
いや、いつも書店にしか行ってないな。
回答ちゃん
コミケなどイベントでは、ジャンルごとにスペースが区切られているの。
書店でも同じようなジャンルごとに同人誌が展示がされてるよね?
会場内では『この作品ならこのエリア』という風に、各スペースの中で同じジャンルの作品が集まっているんだよ。
イベントやジャンルの規模によっては100を超える作品がそこに集まっていて、その中から自分が作った1つの作品を見つけてもらうのはかなり難しいよね。
質問くん
うーん、確かにそうだね・・・
回答ちゃん
同人誌を買ってもらうには、まずは見つけてもらうこと!
そのための差別化として同人誌に加工をして、他の作品の中に埋もれてしまわないように存在感を高めるんだと思うよ♪
質問くん
なるほど・・・。
でも、全ての作品にそういった加工が施されているわけではないよね?
回答ちゃん
そうだね。
色んな加工を効果的に使えば目立つけど『絶対にしなければならない』ことではないからね。
加工をする自由があれば、加工をしない自由もあるんだよ。
「この作品は10作品目だから、記念として普段よりこだわってみようかな」みたいに、作家さん達に楽しみながら同人誌を作ってもらうのが印刷会社にとっては一番嬉しいかな。
同人誌が読者さんの手に渡れば、作家さんはもちろんのことそれに携われた私たちも嬉しいからね♪
質問くん
そういった思いがあるんだね。
色々抱えていた疑問を解決できたよ♪

 

質問くんは回答ちゃんに、加工を施す理由について教えてもらいました。
「作品の良さを読者さんにもっとアピールしたい」という気持ちや、節目の作品としてこだわりたいという思いなど、同人誌には作家さんたちそれぞれの作品への思いが詰まっていることがわかりました。
質問くん
もっと回答ちゃん(サンライズ)から色々と教えてもらって、自分なりの同人誌の楽しみ方を見つけていこう!!
今後もお楽しみに♪

 

サンライズのオプション「特殊加工・オプション」はコチラ