サンライズトップ > 原稿作成方法 > データ原稿 > Word2010(64bit)における不具合について

仕様

■Microsoft Word2010(64bit)における不具合について
現在Windows7Word2010 64bit版を使用して原稿を作成されている場合、
正しくデータが出力できない現象が確認されております。
現状Word2010(64bit版)をご使用された場合の、原稿の出力については保障ができません。

この問題については2012年4月1日現在、Wordの開発元であるマイクロソフト及び、
Acrobatの開発元のアドビ社のソフトウェアアップデートでの対応待ちで、
随時更新されているアップデートにて、互換性は日々高くなってきてはおりますが、
一部まだ完全とは行かない事例もあるようです。

現状、アドビ社はWord等含むOffice2010への正式な動作保証しておらず、
マイクロソフトにおいても、Wordの32bit版の使用を推奨しており、64bit版に関しては自己責任の元、
使用して下さいというスタンスのようです。

※現状確認された(Word2010-64bitにおいて)不具合の現象。

●Word上で確認されている状態と、実際の印刷結果が大きく異なる。
●当社にてファイルを開いた段階で、大きく文字ずれ、文字化けが発生している。
●罫線やワードアート等の表示のされ方が、大きく見本と異なって表示され、またその出力結果も大きく異なっている。
●画像データの一部が粗く表示されたり、画像自体が欠けたり、表示自体が消えてしまう。

といった現状が確認されております。
ご入稿の場合は、PDFファイルへの書き出し等を検討されることをお勧めいたします。

■windows Word2010 32Bit・64Bitの確認方法

windows7 の OSの確認方法

「スタートメニュー」 → 「コントロールパネル」 → 「システムとセキュリティ」 → 「システム」


または
「コンピューター」アイコンを右クリック → 「プロパティ」

中段辺りに システムの種類の項目がございますので、
こちらで32ビットオペレーションシステムまたは64ビットオペレーションシステムのどちらであるかをご確認下さい。

↑32bitオペレーションシステムの表記の例
↑64bitオペレーションシステムの表記の例

↑ Word2010 32bit版の表記の例(問題ありません)

↑ Word2010 64bit版の表記の例(正しく出力できません)

>>ページのトップへ戻る