サンライズトップ > 原稿作成方法 > データ原稿 > Potoshopでカラー表紙を作成する

仕様

新しくページを作成する場合は、以下の図を参考にしてファイルを設定してください。
上の数値はB5サイズの仕上がり寸法に対して塗り足しを上下左右に5mm付けたサイズになっています。
※その他の原稿サイズもすべて5mmの塗り足しを付けたサイズで記載しています。
表1、表4を別々に作成する場合は、上記寸法をご参考にそれぞれの原稿を設定してください。
表紙を作成する際は上記規格サイズに加えて背幅が必要となります。
背幅の計算方法やデータの詳細な作成方法、表1と表4を繋げた一枚絵の状態で
作成する方法についてはこちらをご確認ください。
解像度は画像の画素の密度を表す数値で、印刷物では数値が大きいほど画像の細部まで再現された印刷になり、
逆に数値が小さいほど画像が粗く全体的にぼやけた印刷になります。
下記の数値は当社推奨解像度です。各数値以外の解像度でも作業は可能ですが、
数値によっては仕上がりが粗くなる、モアレが発生するなどの恐れがありますので、
極力推奨解像度での作成をお勧めします。
※大判ポスターなど、一部グッズ商品では推奨解像度が異なる場合があります。
  データの作成前に各商品ページでご確認ください。
CMYKまたはRGBいずれかのモードでデータを作成してください。
(アプリケーションによっては、選択出来るカラーモードがRGBのみの場合があります)
※サンライズではRGBモードでのご入稿も可能です。
CMYKモードの場合、作成されたデータの数値に基づき、弊社の基準濃度で印刷作業を行います。
RGBモードの場合、カラーの表現方法がCMYKモードとは根本的に異なるため、
データをそのまま印刷する事が出来ません。
そのためRGBで作成されたカラーデータは、弊社で全てCMYKモードへ変換作業を行います。
■RGBからCMYKへの変換
RGBはCMYKに比べて再現可能な色域が広いため、
CMYKで再現出来ない蛍光色などは変換の際に色が変わってしまう可能性があります。
■再現可能な色域(RGB、CMYK)
サンライズでは色の再現性を重視し、極力元のRGBの色に近づくよう、独自の変換処理を行っていますが、
作成されたデータの色彩によっては、変換した際に以下のような現象が起こる可能性がありますのでご注意ください。
■潰れ
蛍光色で着色された部分が潰れてしまい、滑らかなグラデーションでは無く、色毎に段差が出来てしまっています。

RGB CMYK
■色ムラ
RGBでは黄色〜薄い黄緑色で着色されている部分がモード変換にともなって変色してしまい、
色調にムラが出来てしまっています。
RGB CMYK

ノイズとは本来必要で無い低濃度の色が混ざる事により発生する色の濁りの事です。
濃い色にノイズが入っても目立ちませんが、薄い色にノイズが入るとよく目立ちます。

意図しないノイズが入った原稿は仕上がりに悪い影響を与えます。
ご入稿の前にノイズが発生していないか確認し、必要に応じてノイズ除去を行うことをお勧めします。


ノイズが発生する原因として

・RGBからCMYKへの変換
・スキャナーで原稿を取り込む
・原稿作成中の予期しない混色

等が挙げられます。

当社でもノイズの除去は可能ですが除去する場所が限られます(基本的に人物の肌のみ)。
できるだけ入稿前に除去してください。

■ノイズ有り・無しの比較

全体的に3%のノイズが入っています。

ノイズを除去したもの。

■ノイズを確認、除去する方法
■情報ウインドウでノイズを確認する方法
ノイズの有無を確認したい部分に
カーソルを合わせて、
「情報」ウインドウで濃度を確認します。
例:真っ白な部分の場合、各数値が

CMYK=0、RGB=255

になります。

画像ではCが3%になっているので、
白部分に3%のノイズが入っていることが確認できます。

■トーンカーブでノイズを確認する方法※CMYKの場合
この画像はクリックで拡大します
画像をクリックで拡大します。
■ノイズ除去の例(トーンカーブ)※CMYKモードの場合
この画像はクリックで拡大します
画像をクリックで拡大します。

レイヤーはすべて統合してください。
レイヤーが統合されていない場合、不要なレイヤーの画像が印刷されてしまったり、
必要なレイヤーの画像が印刷されないなどのトラブルが起こる可能性があります。

■レイヤーの統合方法
作業用パスやアルファチャンネルなどが残っていると印刷に悪影響が出る場合がありますので、
入稿前に必ず削除してください。
■不要なチャンネルの削除
必要なチャンネル以外を選択し、ごみ箱のアイコンをクリックしてください。
■印刷に不要なチャンネル

CMYKモードであれば(CMYK/シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック)以外のチャンネル
RGBモードであれば(RGB/レッド/グリーン/ブルー)以外のチャンネル
グレースケールモードであれば(グレー)以外のチャンネル
※但し、銀合成などの指定をする場合を除きます。

■パスを削除する
入稿時にパスパレットはパスが無い状態にしてください。
・バックアップは必ず取ってください。
 ディスクの取り扱いには万全を期していますが、万が一のデータ破損には責任を負いかねます。
入稿するメディアに正しくデータが書き込まれている事や、必要なデータの入れ忘れにご注意ください。

不要なデータは入稿しないでください。

 ※当社で推奨している方法以外で作成されたデータに関しては補償の対象外とします。

>>ページのトップへ戻る